.

実際にノートパソコンの前に座って止まることなく変動している市場を目を向けているとどことなく売買をせずにはいられなくなるという欲求に突き動かされる場面も少なくないだろう。でも、あやふやな衝動でトレードすることは間違ってもしてはいけません確かに、マーケットは1日中、いずれかの国でマーケットが変化しているし、マーケットもどういう時でも上がったり下がったりします。しかし、闇雲に取引をしていると、それだけ損失を被る危険性が上がります。言うまでもなく、取引の数を積み重ねる事で少しずつ勝つ可能性が半々になります。しかし「なんとなく感覚で売買」することとは話が異なります。トレード回数を重ねるというのはあなたが「ここは!」と考える勝機を得た状況での売買回数を重ねるという事を言っています。格段の理由がなく、ひっきりなしにトレードを経験するのとは大きく違う。為替相場の駆け引きにi挑むには深く考えてけじめをつけることこそが大事だ。「ここは勝てる」と感じた外国為替相場の時には、所有ポジションを増やして利益を追求する。「明らかに悩ましい市場で、どうなるか考え付かないな」と感じたならば、潔く持っているポジションを全部諦めて黙っています。そのくらいのメリハリをつける方が最終的には売り買いはうまくいきます。外国為替市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。実にその通りです。相場とは、いかなる時でも売買ポジションを保持する事が大事ではなく、どのポジションも所持せずじっと待っている事も、必要です。では、どの場面で、休むべきなのでしょうか。第1に考えられるのが、先に述べたように、これからの市場が具体的に見通しがきかない時です今後高くなるのか安くなるのか見通せない時は、何も考えず行動すると、自分自身で書いた台本とは異なった方向に相場が動いてしまい、損失を被る事になります。こういった場合はポジションを整理して静観を決め込むのがいいでしょう。もうひとつの場面は、あなたの体調が変なときです。体の具合とマーケットに関係性はないと思う人もいますが実際には意外と影響します。体の調子があまりよくなければ、相場の失敗できないところで、冷静な判断ができません。やる気がわかない時は外国為替相場から目をそらす事も重要な事です。