.

車の事故は、自身だけの自損事故と誰か他の人が巻き添えになった自動車での事故があります。クレジットカード比較

自分だけで起こした事故の場面ではあなたが事故対応が済めば完了となりますが、別の人に影響を与えた自動車での事故はどちら側にどれだけのミスが存在するのかを調査してそれにより車の修理の費用や和解のお金かいくらのかなどが決まりますので、保険屋さんの専門家にたってもらいやり取りが必要です。

普通の自動車での事故のケースで互いにちょっとは手落ちがある場合が一般的でどちらか一方の責任であるという場合はほとんどないようです。

当然信号を無視してしまったり一時停止を無視したなどの交通違反によって起きた事故はかなり大きな過失なりますが、被害を受けた人であっても落ち度があると言われます。

事故の状況ではどの運転手の手落ちが原因で起こったかという判断がかなり大事になってきますのでこの結果を誰にも分かりやすく表した基準が「過失割合」(過失割合)なのです。

例えば、前述した赤信号で進んでしまった、一時停止で止まらなかった状況では法では相手方に10割ミスがあると考えられますが、この状況で事故を起こした自動車が正面から近づいてきて見てチェックできたケースだとすれば自動車事故の被害者でも注意不足であったとして10%ぐらいの手落ちがあると判断される事もあります。

この場合は事故を起こした側が9割、事故に巻き込まれた方が1割過失割合となって責任が大きいとそれに応じた手落ちが問われる状況になります。

さらに事故の過失割合は過去の事故判例をベースに決定するケースが大部分で、日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準表がものさしとして使われています。

このような過失割合の、数字が大きければ大きいほど間違い、要するに損害賠償額も大きくなる可能性が高いので、事故に関する話し合いは事故当事者だけでなく自動車の保険屋さんの担当の人と一緒に落ち着いて調整することが重要です。